So-net無料ブログ作成
検索選択
濫読患者 ブログトップ

戦災孤児の行方を探す実話の児童文学を探しています [濫読患者]

※「教えて!goo」に投稿した内容の採録です

小学校時代に図書館で読んだ本を探しています。
昭和30年代に発行された本だと思います。
主な内容は
戦災孤児(上野駅?の浮浪児)が主人公
ある八百屋さんの店先で寝ようとした時に、
親切な店主の夫婦にその家の子として養育してもらう。
学校にも通うようになる
物語の作者は、主人公の担任の先生
いくつかのエピソードがありましたが
彼はある日、突然いなくなってしまいます
八百屋のご夫婦も、先生や級友も彼を探します。
また、上野の地下街へ戻ってしまったのか…

手立てもなく、NHKの「尋ね人の時間」にみんなで手紙を書いて
彼に何度も呼びかけてもらいます
「先生やクラスメート、八百屋さんご夫婦も心配されています
 どうか連絡を…」

でも、彼の消息は不明です

本はこんな文章で終わっています
「もし、上野で戦災孤児だった**君、という人をご存知の方
 ****君という 名前にお心当たりの方、どうか私まで知らせてくださいませんか」

大分細かいところはうろ覚えですが、初めて読んだノンフィクションに
この本を読んだ頃、低学年だった私は怖くて、悲しくて泣きながら
彼の無事を祈っていました。

後になって考えたら、この本の主人公は私の両親と余り変わらない年代なのです
終戦、がまだ身近にあった時代の名残がどんどん薄れていく中で
もう一度、この本を読みたい、そしてもしも分かるなら、この物語の主人公は
その後どうしているのか、先生や養父母と再開できたのか…

もし、断片でもご記憶のかた、どうか情報をいただければ幸いです

宜しくお願いいたします

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
濫読患者 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。