So-net無料ブログ作成
検索選択

愚詠0525 [俳句・短歌]

雨音は僕の呻きを吸収して 全てが眠る夜明け前の街

雨だけが僕に優しく触れていく フードを外して天を見上げる

昨夜君にふれた指が今日は人を刺す 人も吾も相食み続ける

シャンプーはいつもしないで帰る君 思うままにかき乱せぬ僕

 

つばくらめ そらにそまるね あおいねえ

五月晴れ 大笑いせよ ベートーベン

ゴッホにぞ 描かせたけり この桜

 

屋上で無窮の蒼を見上げたね 風に吹かれた あれは五月

素足浸し はしゃぐ君に微笑みつつ そのせせらぎにさえ 嫉妬する僕


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。